ここでは、一般的に云われるクエン酸の効果についてお話します。

ライン           

 

一般的なクエン酸の効果

 

 

疲労回復効果整腸作用効果血液浄化(血流改善効果)

特に整腸作用は、周知のことで、私達の地元では昔からお腹が痛い時、
梅肉エキスを舐めて、難を逃れました。(幼少の頃)

 

□期待される効果

●血液の浄化 : 血液をきれいにし、血管を丈夫にする腎臓の機能の向上。

●血糖値 : 血管壁と血液に作用して正常化する効果があるそうで、
血液中の糖分の燃焼がよくなり血糖値を正常化させる。

●健康維持 : 疲労物質であるL乳酸の生成を抑制し、疲労回復など健康維持に期待。
その他肩こり・神経痛・リウマチや五十肩にも良いとされる。

●中性脂肪 : 血液浄化より中性脂肪やコレステロールがたまりにくくなる。

●胃腸 : 胃の粘膜の修復される。

●食中毒 : 殺菌作用があり、食中毒の大腸菌にも作用される。

 

などなど

その他、免疫力・ストレス・花粉症などアレルギー性のものにも良いとされる。

*ここでは、一般的なクエン酸効果を記しましたが、
私達はたくさんの量の クエン酸を一度に吸収できないようです。
故に毎日少しづつ摂取することが望ましいと思われます。

 

 

***その他***

 

●クエン酸サイクル

クエン酸サイクルとは、生命がエネルギーを作り出すための体内燃焼システムのことで、
イギリスに住む生化学者「ハンス・アドルフ・クレブス博士」によって発見され、
クレブス博士はこの功績によって1953年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

 

●血液サラサラ

クエン酸に血液サラサラ効果があるのかといったお問い合わせがあり調べましたら、
梅干しを焼いた時に出来る「ムメフラール」にその効果があるのではないかといった話がありました。
また、梅の汁を煮詰める昔ながらの梅肉エキスにも「ムメフラール」があるそうで、
注目を集めたようですが、クエン酸自体には、そこまでの効果は確認できなかったようです。